2012年12月04日

「紅まどんな」 愛媛産高級かんきつ とろける美味しさが特徴

愛媛オリジナルの高級かんきつ紅まどんなはとろける美味しさが特徴です。

果皮は非常に薄くて、色は濃い紅色です。果肉はとても柔らかく甘みたっぷりで香り良くジューシーな柑橘です。じょうのうも薄いので袋ごと食べられます。

まどんなの名にふさわしい麗しく品のある味覚で高級かんきつとして人気です。


紅まどんな(別名・媛まるこ)は南香(ポンカン系)と天草を交配してできた柑橘です。(正式名称は「愛媛28号」)関東方面では高級ギフトとして冬の贈物(お歳暮ギフト・お年始ご挨拶など)にご利用いただくことが多いかんきつです。


名前の由来

マドンナは聖母マリア、ドンナはイタリアで貴婦人を表します。

また夏目漱石の小説「坊ちゃん」に登場する女性の愛称でもあります。

マドンナのようにうるわしい果実ということから「紅まどんな」と命名されました。


完熟・熟成された紅まどんなの外皮は薄くてとても柔らかく外観から熟し過ぎのように見える場合があります。(栽培農家によって外皮の硬さに多少の違い、特徴があります)

外皮を剥いた中には薄いじょうのうに包まれて はちきれんばかりの果肉がぎっしり詰まっています。

果汁を多く含んだ果肉は、熟成されたコクのある強い甘味と適度な酸味がバランスが良く、食味は大変良好です。濃厚旨味をお楽しみ頂けます。



【関連記事/かんきつ】



右向き三角1 和菓子カタログ
名店の味をお取り寄せ!和菓子カタログ

右向き三角1 おもたせスイーツ
これで差がつく!お土産&おもたせスイーツ

右向き三角1 チーズケーキカタログ
チーズケーキを探すならこちら

Ads by SCL


posted by trenditem at 19:16| Comment(0) | 食品/果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする